忍者ブログ
自宅近くにある調整池にいる野鳥の観察記録を写真付きでアップしています。
Posted by - 2017.09.22,Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by かば - 2012.03.05,Mon
今朝、北茨城市のホームページを確認したら、市議会が3月7日(水)に開会するそうです。

ですが、傍聴に行くか行かないか迷っています。今まで数年間、本会議を傍聴し続けていましたけど、「大切なことは本会議の外で決まる」ということはずっと変わらなくて、傍聴していてもワンパターンで、傍聴の際に借りる資料以外に魅力をまったく感じなくなっているのが理由です。また、『短腸症候群同盟』の活動が増えてきて忙しくなってきましたし、傍聴や『北茨城私設研究所(設置当初は「北茨城私設応援団」)』を始めた理由である「ネット以外の社会とのつながり」もできてきた、というのも理由です。

本会議の傍聴を止めたり、『北茨城私設研究所』と『きたしお通信』を止めたりしたとしても、捻出できる時間は対してないと思いますが、精神的には少し楽になるかな、と思います。

まだどうするか決めていませんが、「傍聴しに行こう」という積極的な気持ちでないのは確かです。

拍手[0回]

PR
Comments
無題
どこかの国の他の自治体の例でもあるのですが、市民からの監視がまったく機能しないとき、大抵議会は独裁状態になってなんらかの癒着とかが横行します。

 市民は約5万人ほどいるわけですが、みな忙しいということで大手の報道機関から、または市役所からの発行物でしか状態がみられないのはとても残念です。そしてあぶないともおもいます。
 茨城新聞記者のかたがくることもあるわけですが、どうも通り一遍といおうか市長と記者のかたがしりあいみたいな記事がおおくて客観性に欠けています。だからかばさんの記事は、自分のしるかぎりとても重要だったのですが。

 できたら実況中継が、ネットラジオなどでもいいわけですが行なわれればひまな人がみて、データとして記録にもなり、永続的な監視がきくからいいとおもいます。そういうベンチャー企業をしようにも資本が足りない。問題です。

 かばさんが見なくなれば、市長はいままでより暴走しがちになるとおもいます。
前例もありますし、何度もはなしてきたとおり、いまの市議会は「全員評議会」という悪魔の制度によって事前におこなわれる密室会議状態であって、事実上牛耳られていて、まともに議論がおこなわれていないでしょう。
そういう議会制の民主政とはいいがたい欠陥がそれとしてみえているのに変えられない、大多数の市民からの批判の声があがらないというのは市民たちの現にもっている良識の程度の低さでもあるでしょうね。ただ、これからさき継続して市議を監視する努力をなんとかつづければ今後はましになっていく可能性はすこしのこっていますが。
日本国内のほかの自治体でも市長が独裁状態になると、いろいろととんでもない案件がとおってしまって見つけたマスコミから非難されはじめて汚名になるとか、談合罪とか、それ以前にも赤字が隠されつづけて財政破綻するとかあります
Posted by 一市民 - 2012.03.09,Fri 20:47:22 / Edit
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[03/14 o2rashin]
[03/11 かば]
[03/11 o2rashin]
[03/11 o2rashin]
[03/09 一市民]
プロフィール
HN:
かば
年齢:
38
HP:
性別:
男性
誕生日:
1978/12/25
職業:
無職
趣味:
考え事
自己紹介:
オリジナルSF小説“未来史シリーズ”を考えている無職です。軽度な短腸症候群の患者でもあって、「短腸症候群同盟」というネット上の患者会を管理しています。
mixi ID:24077499
twitter:@kaba_2308
dNoVeLs:かば
バーコード
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア

忍者アナライズ
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]