忍者ブログ
自宅近くにある調整池にいる野鳥の観察記録を写真付きでアップしています。
Posted by - 2017.09.22,Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by かば - 2013.05.10,Fri
ハクセキレイの幼鳥5月も10日になったからということなのか、今日は最後までアオジの鳴き声も気配も感じませんでした。また、コガモも足をケガしているのか泳ぎ方が少し変だったメス1羽とペア1組だけという感じだったので、調整池で冬に見られる鳥たちは大体いなくなったみたいでした。

でも、その穴埋め以上にヒヨドリが賑やかでしたし、姿はほとんど確認できなかったものの、いろいろな鳥の鳴き声も聞けました。ヒヨドリは調整池の外側にいるようでしたが、ツバメとカワラヒワは調整池の上を何度も飛んでいました。また、繁殖のために住宅地へ移動していると思っていたスズメも、移動や休憩などなのか、それなりにいるようでした。もうしばらくすればオオヨシキリの鳴き声がしてもおかしくないですし、次回もしっかり耳を澄ませます。

また、今日もアイガモ兄弟にエサをあげた人がいたようでした。といっても、私が見たのは残りを食べにやってきたハシボソガラスだけで、調整池の西岸の護岸に生えている草むらに確保したエサの一部を隠しているらしい様子や、そのあと別の場所で水を飲んでいる様子を観察できました。食べに来たカラスは前回も今回もハシボソガラスが1羽だけなので、もしかしたら、前回見た個体と同じ個体なのかもしれません。

あと、このハシボソガラスを見たのとほぼ同じころにバンの親鳥も見ました。ただ、こちらは前回と違ってヨシやガマの茂みからほとんど離れなかったので、エサに関心があったというより、エサやりやヒナにとって危険なカラスを警戒するために出てきていたのかもしれません。あと1~2ヶ月くらいすれば大きくなったヒナを頻繁に見られるようになると思いますが、毎日大変だとつくづく思います。

最後に、先週見た昆虫を今日はさらに多く見かけましたが、改めて見てみると、去年も同じ時期に調整池でたくさん見たハグロケバエだったみたいです。去年よりはまだ少ないので、もしかしたら、次回はもっと増えているかも、と思います。

【時間】11:25~12:00(大体)
【天気】晴天
【風】南東からの弱い風
【出会った鳥】スズメ、コガモ(オス・メス)、ハクセキレイ(成鳥・幼鳥)、アイガモ兄弟、バン、ハシボソガラス、カワラヒワ、ヒヨドリ(多い順、珍しい順)
【今日の写真】ハクセキレイの幼鳥

※2013/5/18追記:撮影場所の調整池は、住所の特定をさけるためにはっきりさせていません。北茨城市南部にある、住宅団地に隣接した調整池ということでご了承願います。

拍手[1回]

PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[03/14 o2rashin]
[03/11 かば]
[03/11 o2rashin]
[03/11 o2rashin]
[03/09 一市民]
プロフィール
HN:
かば
年齢:
38
HP:
性別:
男性
誕生日:
1978/12/25
職業:
無職
趣味:
考え事
自己紹介:
オリジナルSF小説“未来史シリーズ”を考えている無職です。軽度な短腸症候群の患者でもあって、「短腸症候群同盟」というネット上の患者会を管理しています。
mixi ID:24077499
twitter:@kaba_2308
dNoVeLs:かば
バーコード
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア

忍者アナライズ
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]